レンボキサントは閉塞性睡眠時無呼吸症候群を悪化させますか?

3 min

オトクなキャンペーン実施中!!

  • 新規会員登録で1万円GET!
  • 面接で交通費支給3万円GET!
  • お仕事決定で最大10万円GET!
  • お友達紹介で最大7万円GET!

フルオーダーメイド提案でき、プライバシーマーク取得の人材紹介会社

+

本日の文献

Cheng, Jocelyn Y., et al. “Respiratory safety of lemborexant in healthy adult and elderly subjects with mild obstructive sleep apnea: A randomized, double‐blind, placebo‐controlled, crossover study.” Journal of Sleep Research (2020). PMID: 32187781

本サイトの論文要約について

本サイトでは、日々の情報収集としての医学文献の読み方でタイトル背景結論の3つだけを読むことをオススメし、私自身も実践しています。

日々、しっかりと論文を批判的吟味している方からすると内容が十分ではありませんがご了承ください。

【レベル1】アブストラクトをポイントに絞って読む

タイトルを読んでみる

Respiratory safety of lemborexant in healthy adult and elderly subjects with mild obstructive sleep apnea: A randomized, double-blind, placebo-controlled, crossover study.

軽度閉塞性睡眠時無呼吸症を有する健康な成人および高齢者を対象とした lemborexant の呼吸器安全性。無作為化二重盲検プラセボ対照クロスオーバー試験。

背景を読んでみる

Lemborexant is a dual orexin receptor antagonist indicated for the treatment of adult and elderly individuals with insomnia. Some current pharmacologic treatments for insomnia cause respiratory depression, a serious safety concern, particularly for individuals with obstructive sleep apnea (OSA).

レンボレキサントは、二重オレキシン受容体拮抗薬であり、成人および高齢者の不眠症の治療に適応があります。現在の不眠症に対する薬物療法の中には、特に閉塞性睡眠時無呼吸症候群(OSA)の患者さんにとって、安全性が懸念される呼吸抑制を引き起こすものがあります。

結論を読んでみる

Lemborexant demonstrated respiratory safety in this study population and was well tolerated.

レンボレキサントはこの試験集団において呼吸器系の安全性を示し、忍容性も良好でした。

【レベル2】アブストラクトをPICOでまとめてみる

P(どのような患者に)

mild OSA (n=39)

I(どんな介入をすると)

lemborexant 10 mg

C(何と比較して)

placebo

O(どのような結果になるか)

respiratory safety parameters

その他の補足事項

phase 1, randomized, double-blind, placebo-controlled, two-period crossover study

結果はどうだったか?

there were no significant differences in mean apnea-hypopnea index for lemborexant 10 mg versus placebo (least squares mean [LSM] difference [95% confidence interval {CI}]: day 1, -0.03 [-2.22, 2.17]; day 8, -0.06 [-1.95, 1.83]) or peripheral capillary oxygen saturation during sleep (LSM difference [95% CI]: day 1, 0.07 [-0.31, 0.46]; day 8, 0.25 [-0.11, 0.61]). There were no significant differences versus placebo for the percentage of total sleep time during which peripheral capillary oxygen saturation was <80% (LSM difference [95% CI]: day 1, 0.002 [-0.019, 0.023]; day 8, 0.006 [-0.015, 0.026]), <85% (LSM difference [95% CI]: day 1, 0.067 [-0.124, 0.258]; day 8, 0.056 [-0.117, 0.228]) or <90% (LSM difference [95% CI]: day 1, 0.312 [-0.558, 1.181]; day 8, 0.088 [-0.431, 0.607]).

論文を読んだ感想

閉塞性睡眠時無呼吸症候群 と睡眠時無呼吸症候群は別なのですね、知りませんでした(;’∀’)
安全性パラメーターに関して、詳しくありませんが大きな影響はないのかなと思います。

とはいえ、n数が少ないので、これにて安全とは言い切れないとは思いますが…

管理人

管理人

今回読んだ医学論文

Cheng, Jocelyn Y., et al. “Respiratory safety of lemborexant in healthy adult and elderly subjects with mild obstructive sleep apnea: A randomized, double‐blind, placebo‐controlled, crossover study.” Journal of Sleep Research (2020). PMID: 32187781

関連記事