糖尿病の仲間内での認知行動療法は効果的ですか?

3 min

オトクなキャンペーン実施中!!

  • 新規会員登録で1万円GET!
  • 面接で交通費支給3万円GET!
  • お仕事決定で最大10万円GET!
  • お友達紹介で最大7万円GET!

フルオーダーメイド提案でき、プライバシーマーク取得の人材紹介会社

+

本日の文献

Andreae, Susan J., et al. “Peer-delivered cognitive behavioral training to improve functioning in patients with diabetes: a cluster-randomized trial.” The Annals of Family Medicine 18.1 (2020): 15-23. PMID: 28444695

本サイトの論文要約について

本サイトでは、日々の情報収集としての医学文献の読み方でタイトル背景結論の3つだけを読むことをオススメし、私自身も実践しています。

日々、しっかりと論文を批判的吟味している方からすると内容が十分ではありませんがご了承ください。

【レベル1】アブストラクトをポイントに絞って読む

タイトルを読んでみる

Peer-Delivered Cognitive Behavioral Training to Improve Functioning in Patients With Diabetes: A Cluster-Randomized Trial

糖尿病患者の機能を改善するための仲間が提供する認知行動トレーニング:クラスター無作為化試験

背景を読んでみる

Cognitive behavioral therapy (CBT)-based programs delivered by trained community members could improve functioning and pain in individuals who lack access to such programs. We tested the effectiveness of a peer-delivered diabetes self-management program integrating CBT principles in improving physical activity, functional status, pain, quality of life (QOL), and health outcomes in individuals with diabetes and chronic pain.

訓練を受けたコミュニティメンバーによって提供される認知行動療法(CBT)ベースのプログラムは、そのようなプログラムにアクセスできない個人の機能と痛みを改善する可能性があります。糖尿病と慢性の痛みを持つ個人の身体活動、機能状態、痛み、生活の質(QOL)、および健康転帰の改善におけるCBTの原則を統合する、ピアが提供する糖尿病自己管理プログラムの有効性をテストしました。

結論を読んでみる

This peer-delivered CBT-based intervention improved functioning, pain, QOL, and self-reported physical activity despite pain in individuals with diabetes and chronic pain. Trained community members can deliver effective CBT-based interventions in rural and under-resourced communities.

このピア提供のCBTベースの介入は、糖尿病と慢性の痛みを持つ個人の痛みにもかかわらず、機能、痛み、QOL、および自己申告による身体活動を改善しました。訓練を受けたコミュニティメンバーは、農村部やリソース不足のコミュニティに効果的なCBTベースの介入を提供できます。

【レベル2】アブストラクトをPICOでまとめてみる

P(どのような患者に)

Patients With Diabetes

I(どんな介入をすると)

peer-delivered, telephone-administered program

C(何と比較して)

peer-delivered general health advice program

O(どのような結果になるか)

changes in functional status and pain (Western Ontario and McMaster Universities Osteoarthritis Index), QOL (Short Form 12), and physiologic measures (hemoglobin A1c, systolic blood pressure, body mass index)

その他の補足事項

community-based, cluster-randomized controlled trial

結果はどうだったか?

intervention participants had greater improvement in functional status (-10 ± 13 vs -5 ± 18, P = .002), pain (-10.5 ± 19 vs -4.8 ± 21, P = .01), and QOL (4.8 ± 8.8 vs 3.8 ± 8.8, P = .001).

Physiologic measures did not change significantly in either group.

論文を読んだ感想

Peer-delivered cognitive behavioral training だと、薬剤師の出番はないのかもしれませんが、うまく活用していきたいですね。

https://medicolle.info/wp-content/uploads/2020/01/1.png

管理人

今回読んだ医学論文

Andreae, Susan J., et al. “Peer-delivered cognitive behavioral training to improve functioning in patients with diabetes: a cluster-randomized trial.” The Annals of Family Medicine 18.1 (2020): 15-23. PMID: 28444695

関連記事