下肢切断患者に対する家庭運動介入の効果はどのくらいですか?

3 min

本日の文献

Godlwana, Lonwabo, Aimee Stewart, and Eustasius Musenge. “The effect of a home exercise intervention on persons with lower limb amputations: a randomized controlled trial.” Clinical Rehabilitation 34.1 (2020): 99-110.PMID: 31617395

本サイトの論文要約について

本サイトでは、日々の情報収集としての医学文献の読み方でタイトル背景結論の3つだけを読むことをオススメし、私自身も実践しております。

日々、しっかりと論文を批判的吟味している方からすると内容が十分ではありませんがご了承ください。

【レベル1】アブストラクトをポイントに絞って読む

タイトルを読んでみる

The effect of a home exercise intervention on persons with lower limb amputations: a randomized controlled trial.
(下肢切断患者 に対する家庭運動介入の効果:無作為化対照試験。)

背景を読んでみる

To establish if a home-based exercise and education programme is more effective than usual treatment in improving function, mobility and quality of life in people with lower limb amputation due to peripheral vascular disease.
(在宅運動と教育プログラムが、末梢血管疾患による下肢切断患者の機能、機動性、生活の質の改善において通常の治療よりも効果的かどうかを確立する。)

結論を読んでみる

This intervention improved function, mobility and quality of life in persons following lower limb amputation in the first three months post amputation.
(この介入により、切断後最初の3か月で下肢切断後の人の機能、可動性、生活の質が改善されました。)

【レベル2】アブストラクトをPICOでまとめてみる

P(どのような患者に)

154 participants (54 female; mean age 58)

I(どんな介入をすると)

home-based exercise and education programme (n = 77)

C(何と比較して)

usual care (control) (n = 77)

O(どのような結果になるか)

Barthel Index, Participation Scale, EuroQuol 5D, Modified Locomotor Capability Index and Timed Up and Go Test. Changes over time were established using generalized estimating equations and analysis of covariance, (P < 0.05).

その他の補足事項

A blocked randomized single-blinded controlled trial (RCT)

結果はどうだったか?

The Participation Scale (18.73 ± 14.91 against 26.67 ± 19.14; P = 0.011), the EuroQuol5D visual analogue scale (69.10 ± 20.31 against 55.37 ± 27.67; P = 0.003), EuroQuol5D utility index (0.672 ± 0.300 against 0.532 ± 0.358; P = 0.25) and the Modified Capability Index (21.03 ± 15.79 against 15.91 ± 13.67; P = 0.034) improved in the intervention group compared with the control group at three months.

論文を読んだ感想

主

在宅運動などすると機能が改善するよっていうRCTみたいです。
ただ結果のスケールを知らないため、この改善がどの程度なのかがいまひとつわかりません(。•́︿ •̀。)

今回読んだ医学論文

Godlwana, Lonwabo, Aimee Stewart, and Eustasius Musenge. “The effect of a home exercise intervention on persons with lower limb amputations: a randomized controlled trial.” Clinical Rehabilitation 34.1 (2020): 99-110.PMID: 31617395

[temp id=6]

関連記事

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA