SGLT2阻害薬の使用でフルニエ壊疽の頻度は増えますか?

3 min

本日の文献

Silverii, Giovanni Antonio, et al. “Fournier’s gangrene and sodium‐glucose co‐transporter‐2 inhibitors: A meta‐analysis of randomized controlled trials.” Diabetes, Obesity and Metabolism (2019).PMID: 31637829

本サイトの論文要約について

本サイトでは、日々の情報収集としての医学文献の読み方でタイトル背景結論の3つだけを読むことをオススメし、私自身も実践しております。

日々、しっかりと論文を批判的吟味している方からすると内容が十分ではありませんがご了承ください。

【レベル1】アブストラクトをポイントに絞って読む

タイトルを読んでみる

Fournier’s gangrene and sodium-glucose co-transporter-2 inhibitors: A meta-analysis of randomized controlled trials.
( Fournierの壊gangとナトリウムグルコース共輸送体2阻害剤:無作為化対照試験のメタ分析。)

背景を読んでみる

Fournier’s gangrene (FG) is a rare, life-threatening necrotizing fasciitis of the perineum. The US Food and Drug Administration (FDA) released a Drug Safety Communication regarding the risk of FG associated with sodium-glucose co-transporter-2 inhibitors (SGLT2i), relying on the FDA Adverse Event Reporting System.
(フルニエ壊gang(FG)は、会陰のまれな、生命を脅かす壊死性筋膜炎です。米国食品医薬品局(FDA)は、FDA有害事象報告システムに依存して、ナトリウム-グルコース共輸送体-2阻害剤(SGLT2i)に関連するFGのリスクに関する医薬品安全性コミュニケーションをリリースしました。)

結論を読んでみる

The number of events was small, leading to a wide confidence interval that does not allow ruling out an increase in FG or skin and subcutaneous tissue infections.
(事象の数は少なく、FGまたは皮膚および皮下組織感染の増加を除外できない広い信頼区間をもたらしました)

【レベル2】アブストラクトをPICOでまとめてみる

P(どのような患者に)

meta-analysis of all randomized controlled trials enrolling patients with type 2 diabetes, comparing SGLT2i with placebo or different therapies

I(どんな介入をすると)

42 415 patients in the SGLT2i group

C(何と比較して)

27 158 patients in comparator groups

O(どのような結果になるか)

cases of FG reported as a serious adverse event

その他の補足事項

meta-analysis of all randomized controlled trials

結果はどうだったか?

No difference was observed between SGLT2i and comparators in the risk of FG (Mantel-Haenzel odds ratio [MH-OR] 0.41 [0.09, 1.82]), abscess (MH-OR 0.94 [0.54, 1.65]), cellulitis (MH-OR 0.90 [0.71, 1.13] or erysipela (MH-OR 0.89 [0.45, 1.77]).

論文を読んだ感想

主

SGLT2阻害薬の重大な副作用として追加になったフルニエ壊疽のリスクを過去のRCTをメタ分析した研究。
Mantel-Haenzel odds ratioってなんですかね、ワカリマセン(;’∀’)
あと有意差は出ていないですね、むしろ少ない傾向?
abscess(膿瘍)cellulitis(蜂巣炎)erysipela(丹毒)も有意差はでていませんね。
RCTでのメタ分析結果なので、もう少しリアルワールドのコホート研究の結果も踏まえて判断しなきゃいけないのかなと思います。

今回読んだ医学論文

Silverii, Giovanni Antonio, et al. “Fournier’s gangrene and sodium‐glucose co‐transporter‐2 inhibitors: A meta‐analysis of randomized controlled trials.” Diabetes, Obesity and Metabolism (2019).PMID: 31637829

[temp id=6]

関連記事

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA