WEB上でのインフルエンザワクチン接種の啓発活動は妊婦の接種率を向上させる

3 min

オトクなキャンペーン実施中!!

  • 新規会員登録で1万円GET!
  • 面接で交通費支給3万円GET!
  • お仕事決定で最大10万円GET!
  • お友達紹介で最大7万円GET!

フルオーダーメイド提案でき、プライバシーマーク取得の人材紹介会社

+

本日の文献

O’Leary, Sean T., et al. “Efficacy of a Web-Based Intervention to Increase Uptake of Maternal Vaccines: An RCT.” American journal of preventive medicine 57.4 (2019): e125-e133.PMID: 31471001

本サイトの論文要約について

本サイトでは、日々の情報収集としての医学文献の読み方でタイトル背景結論の3つだけを読むことをオススメし、私自身も実践しております。

日々、しっかりと論文を批判的吟味している方からすると内容が十分ではありませんがご了承ください。

【レベル1】アブストラクトをポイントに絞って読む

タイトルを読んでみる

Efficacy of a Web-Based Intervention to Increase Uptake of Maternal Vaccines: An RCT.
(母体ワクチンの摂取を増加させるためのウェブベースの介入の有効性:RCT)

背景を読んでみる

Tetanus, diphtheria, and acellular pertussis (Tdap) and influenza vaccines are recommended for pregnant women in each pregnancy, yet uptake is suboptimal. This study tested the efficacy of an online vaccine resource in increasing uptake of Tdap and influenza vaccines among pregnant women.
(破傷風、ジフテリア、無細胞百日咳(Tdap)およびインフルエンザワクチンは、各妊娠の妊婦に推奨されますが、摂取は最適ではありません。この研究では、妊婦のTdapおよびインフルエンザワクチンの摂取を増加させるオンラインワクチンリソースの有効性をテストしました)

結論を読んでみる

Web-based vaccination information sent to pregnant women can positively influence maternal influenza vaccine uptake. Because of potential scalability, the impact of robust vaccination information websites should be studied in other settings.
(妊婦に送信されるWebベースのワクチン接種情報は、母親のインフルエンザワクチンの摂取にプラスの影響を与える可能性があります。潜在的なスケーラビリティのため、堅牢な予防接種情報Webサイトの影響は、他の設定で検討する必要があります。)

【レベル2】アブストラクトをPICOでまとめてみる

P(どのような患者に)

women in the third trimester of pregnancy

I(どんな介入をすると)

website with vaccine information and interactive social media components

C(何と比較して)

①website with vaccine information only、②usual care

O(どのような結果になるか)

Tdap and influenza vaccination

その他の補足事項

STUDY DESIGN:RCT.

結果はどうだったか?

  • For influenza (n=289), women in both the website with vaccine information and interactive social media components (OR=2.19, 95% CI=1.06, 4.53) and website with vaccine information only (OR=2.20, 95% CI=1.03, 4.69) arms had higher vaccine uptake than the usual care arm.
  • The proportions of women receiving the influenza vaccine were 57%, 55%, and 36% in the website with vaccine information and interactive social media components, website with vaccine information only, and usual care arms
  • For Tdap (n=173), there were no significant differences in vaccine uptake between study arms.
  • The proportions of women receiving Tdap were 71%, 69%, and 68% in the website with vaccine information and interactive social media components, website with vaccine information only, and usual care arm

論文を読んだ感想

主

妊娠中のインフルエンザ罹患は胎児にとってリスクが高いので、インフルエンザワクチンはうってもほしい。薬局での継続フォローでうまく使えないか考えてみたいです(*’ω’*)

今回読んだ医学論文

O’Leary, Sean T., et al. “Efficacy of a Web-Based Intervention to Increase Uptake of Maternal Vaccines: An RCT.” American journal of preventive medicine 57.4 (2019): e125-e133.PMID: 31471001

[temp id=6]

関連記事

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA