「朝食を抜くと太りやすい」という根拠は明確ではないらしい

3 min

本日の文献

Sievert, Katherine, et al. “Effect of breakfast on weight and energy intake: systematic review and meta-analysis of randomised controlled trials.” bmj 364 (2019): l42.PMID: 30700403

本サイトの論文要約について

本サイトでは、日々の情報収集としての医学文献の読み方でタイトル背景結論の3つだけを読むことをオススメし、私自身も実践しております。

日々、しっかりと論文を批判的吟味している方からすると内容が十分ではありませんがご了承ください。

【レベル1】アブストラクトをポイントに絞って読む

タイトルを読んでみる

Effect of breakfast on weight and energy intake: systematic review and meta-analysis of randomised controlled trials.
(体重とエネルギー摂取に対する朝食の影響:ランダム化比較試験の系統的レビューとメタ分析。)

背景を読んでみる

To examine the effect of regular breakfast consumption on weight change and energy intake in people living in high income countries.
(高所得国に住む人々の体重変化とエネルギー摂取に対する定期的な朝食消費の影響を調べること。)

結論を読んでみる

This study suggests that the addition of breakfast might not be a good strategy for weight loss, regardless of established breakfast habit. Caution is needed when recommending breakfast for weight loss in adults, as it could have the opposite effect. Further randomised controlled trials of high quality are needed to examine the role of breakfast eating in the approach to weight management.
(この研究は、朝食の習慣は確立されているにもかかわらず、朝食の追加は減量のための良い戦略ではないかもしれないことを示唆しています。大人の減量のために朝食を勧めるとき、反対の効果があるかもしれないので、注意が必要です。体重管理へのアプローチで朝食を食べることの役割を調べるには、さらに質の高いランダム化比較試験が必要です。)

【レベル2】アブストラクトをPICOでまとめてみる

P(どのような患者に)

high income countries in adults

I(どんな介入をすると)

breakfast consumption

C(何と比較して)

no breakfast consumption

O(どのような結果になるか)

weight and daily energy intake

その他の補足事項

Systematic review and meta-analysis.

結果はどうだったか?

  • Meta-analysis of the results found a small difference in weight favouring participants who skipped breakfast (mean difference 0.44 kg, 95% confidence interval 0.07 to 0.82), but there was some inconsistency across trial results (I2=43%).
  • Participants assigned to breakfast had a higher total daily energy intake than those assigned to skip breakfast (mean difference 259.79 kcal/day, 78.87 to 440.71; 1 kcal=4.18 kJ), despite substantial inconsistency across trial results (I2=80%).

論文を読んだ感想

主

13の研究でのシステマティックレビューとメタ分析。
「朝食を食べないと、昼の食事をより体が吸収し太りやすくなる」と聞いたことがあったけど、どうやら根拠としては明確ではない。
全体的に研究の質が低いらしく、食事に関するエビデンスは、バイアスの影響が大きく難しいみたい。

今回読んだ医学論文

Sievert, Katherine, et al. “Effect of breakfast on weight and energy intake: systematic review and meta-analysis of randomised controlled trials.” bmj 364 (2019): l42.PMID: 30700403

[temp id=6]

関連記事

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA